bitFlyerってどうなの?手数料や使い勝手の批評

bitFlyerの概要

bitFlyerは国内取引所ではトップのユーザー数を集め、資本金も40億を超える最大手となり躍進を続けている。最近ではアメリカやヨーロッパにも取引所を作り、プログラマーや開発者を募っているという誰にも真似ができない事業展開だ。

日本では六本木に本社を構え、IT最先端として独自ブロックチェーン「miyabi」の開発にも取り組んでいる。

ユーザー目線での取引所としては

bitFlyerは初心者に最適といえる唯一の取引所である。コインチェックが再開していれば唯一ではなくなるかもしれませんが、なんといってもスマホアプリが使いやすい。チャートの切り替えはもちろんのこと、仮想通貨売買が誰でもできるようにシンプルに作られているのが素晴らしい。

中級者ぐらいになるとビットコイン以外のアルトコインの手数料が高いことに気づくので、販売所の手数料に納得がいかなくなる。その取引所でしか買えない仮想通貨であれば、しょうがなく購入を決断するが、他の取引所でも取扱いがあれば安いところに人が流れていくのは当然だろう。

ビットフライヤーのユーザビリティはとても素晴らしいが、アルトコイン用の板を用意しない点は賛成できない。早く改善して欲しいポイントだ。

ビットコインFX

bitFlyerはFXでも取引高を日本国内で1位をキープしている。これはわかりやすい専用の窓口「Lightning FX」があることが大きいだろう。チャリンチャンリンと気持ちのよい音が聞こえるので自分ひとりだけではなくみんなでやっている一体感みたいなものが感じられる。

他の取引所が現物取引もFXも同じ画面である中、唯一画面を分けており、自己陶酔できるような環境が用意されている。これがハマるとやめられない理由だろう。初心者には決して向かないレバレッジ取引だが、ある程度勝てるようになるとそれなりに稼げてしまうから中毒性があると言われるのだ。

まとめ

bitFlyerは総じてよい取引所のひとつといえる。セキュリティでは日本一とも掲げているので、そうであろうと思いたい。現在補償サービスを行っているのもbitFlyerのみだし、他がそれを出来ないということはよっぽどセキュリティに自信があるのであろう。

ビットコインを買うのであればbitFlyerから始めることをおすすめする。慣れてきたら他の取引所のアカウントを作って幅を持たせればよいのだ。